メリーカーテンロゴ メリーカーテン
メリーカーテン カーテン施工事例 お客様の声 店舗案内 FAQ お問合せ

カーテン選びのポイント(既成カーテンとの違い) | メリーカーテン

シンプル、ナチュラル、モダンな定番から、 トルコ風、オーガンジーなど個性派まで多彩な品揃え!もちろん遮光などの機能性商品もあります。サンゲツ・アスワン・タチカワブラインド・東リ・スミノエ・川島織物セルコン・リリカラ等のカタログ・現物見本の出張・生地サンプルもご用意できますのでお気軽にお問い合わせください。メリーカーテンは2004年に大阪府・大東市にオープンしたオーダーカーテン・ブラインド、ロールスクリーンなどインテリア専門のお店です。 オーダーカーテンにとって採寸は重要ポイントです!商品のことを知り尽くしたプロが正確に採寸いたしますのでご安心してお任せください。お部屋のイメージにあったインテリア選びをインテリアのプロがお客様のお部屋をトータルでコーディネート致します!お客様のニーズに120%お応えできるようなご提案を心がけています。出張エリアは大阪府を中心に兵庫、奈良、京都に無料採寸・お見積もり致しますのでお気軽にお問い合わせください♪また、マンションの内覧会にも同行致します! お買い得なメリーカーテンオリジナルのドレープなど、お客様にご満足いただけるサービスを提案していきます。
お部屋リフォーム
オーダーカーテンフェア
カーテン選びのポイント
カーテンの測り方
カーテンの選び方
カーテンの種類
機能性カーテン
お部屋別カーテン
カラーバランス
既成カーテンとの違い
取扱商品・メーカーカタログ
カーテンいろいろ
カーテンスタイル
カーテンレール
カーテンアクセサリー
その他
カーテンのお手入れ
カーテン用語集
スタッフブログ

お部屋に合わせてカーテンを選ぶ

家具などのインテリアにはこだわったのに「カーテンは既成品でもいいか・・・」なんて思っていませんか?
オーダーカーテンと既成カーテンとでは、選び方や作り方が違うだけでなく、品質・耐久性・メンテナンス方法など多くの点で違いがあります。カーテンは、お部屋作りには欠かせない大事な要素なので、長い目で慎重に選んでください!

なぜカーテンをオーダーするのか?

  豊富な商品数
オーダーカーテンは一般的に、既製品のカーテンと比べて、生地の種類が多く、大変豊富に用意されています。それぞれのショップにより様々ではありますが、おおよそ2000点〜3000点程度が用意されており、目移りするような沢山の良質な生地の中から、自分の好みやお部屋の雰囲気にピッタリ合うカーテンを見つけていただくことができます。
  さまざまなスタイル
オーダーカーテンは、一般的な既成品カーテンに多く見られる両開きのカーテンだけでなく、お部屋の雰囲気や用途に合わせておしゃれなシェードにしたり、フリルをつけたり、出窓に適したスタイルにしたりと、様々なスタイルで縫製することが可能なので、お客様のお部屋のイメージや使い勝手に合わせた内容でオーダーカーテンを作る事ができます。
  窓に合わせた正確な寸法
お家やお部屋によってまちまちな窓サイズに合わせ、1cm単位でのオーダーメイドが可能なので、「丈が少し足りない・・・」や「幅が小さい・大きい・・・」などがなく、その窓に最も適したサイズでお作りする事が可能です。サイズの合っていないものは見た目にも良くありませんし、遮熱や遮光効果や冷暖房の効き方にも違いが出てきます。
  良品質
通常の既製品カーテンは、一般的にコストを抑えるため、中国で大量に一括生産されており、安価ではありますが、 オーダーカーテンと比べると生地の品質や縫製の質が全然違います。既製カーテンの耐用年数が2〜3年なのに比べ、オーダーカーテンは一般的に10年以上お使いいただけます。特に毎年洗濯をされる場合、既製カーテンだと上部の芯地が型崩れしたり、縫製がほどけてくる事あり、オーダーカーテンがおすすめです。

縫製の違いについて

  三ッ山・2倍ヒダと二ッ山1.5倍ヒダ
オーダーカーテンは通常、生地をたっぷり使った豪華な2倍ヒダ縫製です。
三ッ山とは、ヒダをつまむ部分の山の数です。つまむ生地が多いので、1.5倍ヒダよりも山が多くなります。
お客さまの好みで、ヒダのないフラットタイプ、1.5倍ヒダ縫製でおつくりすることもできます。
  美しい形状を保つ縫製
一般的にオーダーカーテンは75〜90mmのしっかりとした100%ポリエステル素材の芯地を入れています。  
一般的な既製品やイージーオーダー品は幅が狭く薄い芯地しか入っていませんので2〜3回洗濯すると型崩れしやすいです。また、オーダーカーテンは上部ヒダ間の裏側はきっちりと縫製していますし、裾部分はウェイト(重り)を入れることによって 美しいラインを出すことができます。
  カラーバランス
 
カーテン選びのポイントトップ